千葉のゴミ屋敷清掃・遺品整理のRデザインが、女性が業者にゴミ屋敷清掃を頼む場合について詳しくお教えします。

2020/07/30 ブログ

「ずっと仕事が忙しくて・・・」

「何だかやる気が出なくて・・・」

というような理由で

掃除やゴミ出しをしないでいたら、

 

「家(部屋)がごみ屋敷になってしまった・・・」

とゴミ屋敷問題に悩む人は近年増えてきています。

 

特に、女性の割合が増えてきています。

 

雑誌の記事の見出しで、

「ゴミ屋敷の住人7割が女性」

というものがありました。

 

これは極端な例かもしれません。

 

しかし、

実際に女性芸能人などが、

自身のゴミ屋敷を

テレビやyoutubeなどで披露していたりします。

 

「女なのに、

ゴミ屋敷に住んでいるのを人に知られると恥ずかしい…」

と思う方が多いでしょう。

 

確かに、

芸能人が話題作りで

ごみ屋敷を披露しているのと違って、

 

一般人の方だと、

家族や知人に

自分のゴミ屋敷を見られたくないと思うことが普通でしょう。

 

しかし、その点、

ゴミ屋敷清掃業者にゴミ屋敷を見られることは、

まったく恥ずかしくないことなんです。

 

千葉県や東京都のような首都圏では、

単身世帯のマンションやアパートが多く、

 

場所にもよりますが、

10部屋に1部屋くらいの割合で

ゴミ屋敷化している建物もあるそうです。

 

また、

住人が女性ということも

まったく珍しい状態ではなくなってきています。

 

ゴミ屋敷の掃除を業者に依頼しても、

恥ずかしいということはまったくありません。

 

それでも、

「何となく抵抗がある」

という女性もいるでしょう。

 

その場合は、

女性スタッフが在籍する業者を

選ぶという方法もあります。

 

女性スタッフが在籍する業者は

年々増えてきています。

 

千葉県内でも

ネットなどで探せば見つかるでしょう。

 

ゴミ屋敷はできれば自分で清掃したいと思いますよね。

 

しかし、

自力で掃除できる基準を越えるゴミ屋敷の場合は、

専門業者に依頼するしかありません。

 

まずは、

「はずかしい」

という感情を捨てて、

ゴミ屋敷清掃業者に問い合わせをしてみましょう。

 

男性と違って女性は、

大きな荷物を運ぶ

荷物を運べる大型の車を運転する

などの作業が難しい場合があります。

 

掃除などの「できること」は自力で、

力仕事などの「できないこと」は業者さんへ依頼、

 

そんな風にうまく使い分けて、

ゴミ屋敷掃除を成功させたいですね。