千葉県のゴミ屋敷清掃・遺品整理のRデザインが、千葉県成田市にある一軒家の遺品処理に行って来ました。

2020/07/29 ブログ

例年にない長い梅雨が続いていますが、

 

設計関係の取引先の職人さんからのご依頼で、

佐倉市のお隣の成田市にある

一軒家の遺品処理に行って来ました。

 

ちなみに、

R-デザインは千葉県千葉市美浜区を拠点に

店舗デザイン・リフォームデザイン・内装工事

も手掛けております。

 

ご興味のある方は、

「千葉県 Rデザイン」

で検索してみてください。

 

話をもとに戻します。

 

設計関係の取引先さまが

遺品整理に困っている自社の職人さんに

Rデザインをご紹介してくれました。

 

職人さんから直接

お電話でお問い合わせがありました。

 

職人さんは60代の男性で

昨年ご両親が立て続けに亡くなり

家の中の不要な家具や家電を

処分したいとのことでした。

 

さっそく成田市を訪れ

現場を確認しました。

 

処分が必要なものは、

布団などのご両親が使用していた品々に加え

冷蔵庫・洗濯機・タンス・サイドボードなどの

大型の電化製品や家具類です。

 

現場の確認や作業内容の確認が終了したら

お見積り金額の提示です。

 

お見積りの金額にご了承をいただき、

作業日程を調整しました。

 

雨のそぼ降る中、

作業開始です。

 

「処分」の指示をいただいたものを

どんどん運び出します。

 

大型のものが多かったので

2トントラック2台分のごみが出ましたが、

作業はスムーズに進み

1日で作業を終了させることができました。

 

終了した後は、

職人さんに作業内容に間違いがないか

確認してもらってから精算となりました。

 

職人さんからは

「自分ではこんな大掛かりな片づけは到底できなかった!」

「こんなに素早く片づけてくれてありがとう!」

という感謝のお言葉をいただきました。

 

仕事とは言え、

ご依頼主様に感謝のお言葉をいただけると

この仕事をやっていてよかったなと

毎回つくづく思います。

 

ご両親が他界され

遺された品々をそのままにしておきたい

と思う方も多いことでしょうが、

 

生きている遺族が

快適に生活できるような環境にすることも大切です。

 

しかし、

大型の家具を処分しようとしても

一般の方にはなかなか難しいですよね。

 

千葉県のゴミ屋敷清掃・遺品整理のRデザインは、

アパートの1室から一軒家まで

さまざまな規模の

遺品整理やゴミ屋敷の清掃に対応しています。

 

千葉県を中心に、

首都圏の広い地域まで対応が可能です。

 

大型の不要品の処分から部屋の片付けまで、

どんなことでも、

まずは、

千葉県佐倉市Rデザインにお気軽お問い合わせください。