千葉のゴミ屋敷清掃・遺品整理のRデザインが「ミニマリストになるために捨てるもの」について詳しくお教えします。

2020/09/20 ブログ

前回は、

ミニマリストになるための

「ミニマリストが持っていないもの」

について詳しく説明させていただきました。

 

ミニマリストが持っていないものとは、

「ベッド」

「ソファ」

でした。

 

自分に最低限必要なものしか所有しない

ミニマリストは、

とにかくものを持っていません。

 

「ベッド」と「ソファ」は、

大きいし持っていないという人もいるので、

何となく納得できた人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、

皆さんが「必要最低限」だろうと考えるものでさえ、

ミニマリストは持っていなかったりするのです。

 

今回は、

ミニマリストになるために捨てるものを

紹介させていただきます。

 

 

ミニマリストになるために捨てるもの➀

クッション

 

あると何かと便利なクッションですが、

「あれば便利」は「なくても大丈夫」です。

おうち大好きな人は、

クッションをたくさん買ってしまいがちです。

クッションはなくすか

必要な数に絞って部屋に置くようにしましょう。

 

 

ミニマリストになるために捨てるもの➁

ゴミ箱

 

リビングに「ゴミ箱」

キッチンに「ゴミ箱」

洗面所に「ゴミ箱」

ダイニングに「ゴミ箱」

「ゴミ箱」って

家の中のあらゆるところにあるのではないでしょうか。

でも、ゴミ箱が多いと、

ゴミ出しのときに集めることが大変ですよね。

思い切って数を絞ってみると、

お部屋がすっきりします。

 

  

いかがでしたか、

「ミニマリストになるために捨てるもの」について

お分かりいただけたでしょうか?

 

ミニマリストたちの「持たない暮らし」を

実践するには、

ミニマリストへの第一歩「捨てる」からはじめましょう。

 

ミニマリストになるためには、

どんなものが自分に本当に必要かを考え、

今まで必要だと思っていたものを

ときには思い切って処分することも重要です。

 

しかし、小さな不用品でもたくさん捨てるとなると

個人では大変ですよね。

 

そんなときは、

ゴミ屋敷清掃業者にお願いしちゃいましょう!

 

どんなにたくさんの不用品でも、

あっという間に処分してもらえますよ。

 

千葉県内には、

不用品の処分や回収を気軽に頼める

ゴミ屋敷清掃業者さんがたくさんがあります。

 

千葉のゴミ屋敷清掃・遺品整理のRデザインも

アパートの1室から一軒家まで

さまざまな規模の不用品の処分や回収に対応しています。

 

ミニマリストになるお手伝いが必要な場合には、

ぜひ、お気軽にご相談・お問い合わせください。