遺品整理士の資格を持ち千葉を中心に遺品整理を行っているRデザインが「エンディングノートに書く内容」について詳しくお教えします。 その3

2020/11/21 ブログ

終活をするうえで欠かせないのが

「エンディングノート」です。

 

前回・前々回と2回に渡り

「エンディングノートに書く内容」について

詳しくご説明させていただきました。

 

エンディングノートに書く内容については

・自分自身について

・個人情報について

・連絡先について

・医療・介護について

・相続財産について

などがありました。

 

では、今回がラストになりますが、

「エンディングノートに書く内容」について

詳しくご説明させていただきます。

 

 

エンディングノートに書く内容⑥

葬儀・納骨について

 

亡くなってすぐというのは、

遺族は気が動転していて

やることも多くて大変なため、

業者に勧められるままに

葬儀を行ってしまうケースが多いです。

 

そうならないためにも

あらかじめ、葬儀の規模や参列してほしい方、

喪主などについて書いておきましょう。

遺影に使ってほしい写真や

一緒に棺に納めてほしいものなども、

書いておいてもよいでしょう。

 

お墓をお持ちの方は、

寺院や霊園の住所と連絡先も書いておきましょう。

 

 

エンディングノートに書く内容⑦

ご家族へのメッセージについて

 

エンディングノートはご家族のために、

自分の想いを伝えるものです。

 

普段は照れくさくて伝えられないような

感謝の気持ちなどを家族へのメッセージとして

書いておきましょう。

 

写真などを一緒に貼っておくと、

より鮮明に思い出に残ります。

 

 

エンディングノートに書く内容⑧

ペットについて

 

ペットを飼っている方の場合、

ペットについて書いておくと良いでしょう。

 

ペットの名前や種類、年齢などの

基本情報以外にも、

かかりつけの動物病院名

ぺットの好きな食べ物

注意する点

などについて書いておきましょう。

 

エンディングノートを上手に活用して

終活をスムーズに進められるといいですね。

 

千葉県を中心に

東京・埼玉・神奈川・茨城・栃木・群馬で

サービスをご提供しているRデザインは、

遺品整理を単なる片付け作業とは考えておりません。

 

遺品は故人の生きた人生そのものです。

そのような貴重な遺品を大切に整理することはもちろん、

遺品の品々だけではなくご遺族のお気持ちの整理も

お手伝いをさせていただきたいと考えております。

 

遺品整理士の資格を持つ

千葉のゴミ屋敷清掃・遺品整理のRデザインは、

 

千葉県内を中心に

東京・埼玉・茨城の

ゴミ屋敷清掃

遺品整理に対応しています。

 

ゴミ屋敷清掃

遺品整理にお困りの際は、

 

遺品整理士の資格を持つ

Rデザインに、

お気軽にご相談・お問い合わせください。