千葉のゴミ屋敷清掃・遺品整理のRデザインが「災害時の生ごみの処理」について詳しくお教えします。

2021/02/28 ブログ

1週間に2回から3回は、

自治体のゴミ収集がやってきてくれますよね。

さらに、マンションなどの場合であれば、

24時間365日ゴミ捨てが可能なところもあるでしょう。

 

しかし、

大きな震災が起きてしまうと、

やっかいな生ゴミの管理は、

しばらくの間それぞれの家庭で行うことになってしまいます。

 

今回は、

片づけと掃除のプロフェッショナル

Rデザインが

「災害時の生ごみの処理」

についてお教えしましょう!

 

冬場より夏場のほうが、

生ゴミが腐敗しやすくなります。

悪臭だけではなく、

ハエやゴキブリなどの害虫や

病気を引き起こす細菌なども発生する可能性があります。

 

生ゴミは、廃棄された食物など水分を多く含んでいるものが多いため、

ゴミの中でも腐敗しやすくてやっかいなものです。

 

災害時などに最初にすることは、ゴミの分別です。

生ごみは可燃ゴミと一緒にしがちですが、

生ゴミとその他のゴミに分けましょう。

紙類のようなその他のゴミは、

腐ることがないので保管が簡単です。

普段は、可燃ゴミとして、

生ごみもその他のゴミも一緒にしている場合が多いでしょう。

しかし、災害時に備えて、

普段から分ける習慣をつけておくことも大切になってきます。

 

次は、生ゴミの水分を出来るだけ切ります。

その際には、

キッチン用品の水切りネットなども役に立ちます。

水気を切った生ごみはゴミ袋に入れて、

袋内の空気を極力抜いてから口を閉じます。

 

アルコール除菌スプレーや次亜塩素酸水スプレーをしてから、

口を閉じると悪臭の元になる細菌の繁殖を抑えることができます。

 

いかがでしたでしょうか!?

「災害時の生ごみの処理」について

お分かりいただけましたでしょうか。

 

普段からゴミに関して意識を持って、

お部屋の中にゴミをためない生活をすることが大切なのですね。

 

千葉県内には、

ゴミ屋敷の整理を

気軽に頼める業者さんが

たくさんがあります。

 

ゴミ屋敷清掃

遺品整理士のいる遺品整理の

Rデザインも

アパートの1室から一軒家まで

さまざまな規模の

ゴミ屋敷清掃や不用品の回収に対応しています。

 

ゴミ屋敷清掃や不用品の回収は、

千葉のRデザインにお任せください。

 

ぜひ、お気軽にご相談・お問い合わせください。

 

お問い合わせ先

株式会社R-デザイン

千葉県千葉市美浜区中瀬1-3テクノガーデンCB棟3階

千葉県富里市七栄649-662

フリーダイヤル:0120-169-189

電話受付時間:9:00 〜 17:00

HPのメールフォームからは24時間お問い合わせが可能です。