自動車は遺品整理ではどう扱われるの?

2021/11/28 ブログ
logo

遺品整理にて整然利用していた方の自動車を整理する場合、どの様に自動車を整理する必要性があるかについて紹介をしていきます。というのも、自動車は、財産になる獲る物でして、勝手に処分することを許さないという考えがあります。

 

特に大型の自動車においてはトラックの他トレーラーなどはまさに財産でこうした財産を生前の方が残していた場合、どう扱うかについて記載をしていきますのでご覧いただければ幸いです。

 

 

自動車は軽自動車以外は財産となる場合相続手続きを必要とする

 

遺品整理にて自動車を処分しようと思った場合、実は廃棄するにしろ、売却するにしろ一度相続という物をしてからでないと自動車は廃棄や第3者に売買することはできません。これを破った場合、法律上脱税扱いと相続をごまかしたうえで他人の財産を勝手に売却したとみなされ法律により処罰対象となります。

 

無論後から相続税を払いますと言い出したところでこれは例外になく法律違反になるため、自動車の場合自動車に課せられた相続税を払う必要があるのです。しかし、ここで注意してほしいのが軽自動車は実はどんなに価値がある物であっても相続税はかかりません。

 

よって超高級なスポーツカーでもそれが実は軽自動車で登録可能な物であれば事実上税を支払うことなく車をもらい受けるか売却ができるのです。逆に、通常の自動車や大型のトラックにおいてはエンジンの大きさが相続にかかる税金に影響し廃棄量が大きくなればなるほど相続に税を必要とします。

 

一応自動車ディーラーや大型トラックの買取専門店でも相談しながら売却や廃棄が可能

ここで、相続するにしろ、自動車を廃棄するにしろ、面倒くさすぎてわからないという場合、所有者が無くなったうえで財産である自動車をどうするかという点に自動車の買取店の方に来ていただき書類を用意して売買や廃棄をするという方法も実はあります。

 

この方法であれば利点においては、自宅で事業者と相談しながら財産である自動車を売買可能でそれがトラックであろうと高級自動車であろうと売買や廃棄ができます。こちらの方法においては、特に軽自動車でも軽トラックのようなニーズが大きい車や大型のトラックなどでも買取や廃棄が可能で生前に使用していた方の自動車を相談しながら買取や廃棄してもらえますので安全でかつ、後後問題がない買取法になります。

 

まとめ

自動車を遺品として整理する際の問題点は、相続をしてからでないと第3者の自動車は売買できない点です。しかも、これを無理に売買しようとした場合前の所有者の情報を必要とするうえ勝手に財産を売買したとなるため、通常のディーラーでは売買が成立しません。

 

そうならないためにも売買においては相続税を支払い一度自動車を自己の財産としてから売買なり廃棄するのが望ましいです。その上で軽自動車というジャンルであれば実は日本では相続において税を払う必要性がないのでそのまま相続を可能とし、相続の書類を作り上げ提出さえすれば相続ができます。

 

なお、軽自動車の相続の利点ですが、軽自動車は高性能化が進んでいるので実は普通乗用車よりも売買価格が高くなるという利点もあり、高級車の相続をするより財産化しやすいという利点があります。逆に高級車は買い手がつかないため、以外にも相続してからが困るというケースも多くあり遺品整理においては相続後第3者に売買しにくいという声も多いです。

 

そうした意味では大型のトラックの方が相続してから売買が成立しやすくかつ自分のお仕事で使用するのであれば、売買や廃棄を考えることなく自分の行っているビジネスに故人の方からもらい受けた自動車を自分のビジネスに利用することも可能なのです。