安心して遺品整理を依頼する為には

2022/01/08 ブログ
logo

故人が遺した物を片付ける遺品整理は、個人で行うことも可能です。ただ、遺品を見る度に思い出が蘇り、なかなか作業が進まない状態となることは少なくありません。

 

素早く遺品整理を完了させたい場合は、遺品整理業者に依頼をすることが有効です。この時、注目をしておいて損がないのが遺品整理士の存在です。

 

 

遺品整理士という資格

 

遺品整理は、資格がなければできない仕事という訳ではありません。


資格は国家資格ではなく民間資格であり、遺品整理士養成講座を2か月間受講し、試験で合格すれば取得をすることができます。

 

合格率は65%前後と、取得難易度はそれ程高くありません。

 

合格率が比較的高い上、資格がなくても仕事が可能ということを聞くと、あえて遺品整理士がいる業者にこだわらなくても良いのではないかと考える人もいるでしょう。

 

有資格者がいる業者よりも、資格を持たない人が作業をする業者の方が料金を安く抑えるのではないかと考えてしまう人も珍しくありません。

 


ただ、それでもあえて遺品整理士がいる業者を選ぶメリットは、安全性の高い遺品整理ができることです。

 

遺品整理士がいる業者を選ぶメリット

 

遺品整理士を取得するために必要となるのが、法律に関する知識です。

遺品整理と聞くと、不用な物を片付けて処分していくだけと考える人もいるでしょう。

 

しかし、作業の際に出た不用品やゴミは、その地域のルールに則って処分をしていく必要があります。

 

自治体のルールに合わせたゴミの分別や、粗大ゴミの処分の仕方、リサイクルに関する決まりなどを知らずに処分をしていくと、思わぬトラブルに発展することは珍しくありません。

 

さらに、利益優先の業者の場合は、遺品整理で出たゴミや不用品を不法投棄するなど問題のある行動をしている可能性があります。

 

遺品整理士が在籍している業者であれば、こうした問題行動を起こしている可能性が低くなります。

 

勿論、遺品整理士が在籍していてもトラブルを起こしている業者も存在するでしょう。さらに、遺品整理士がいなくても、法を守って運営をしている優良業者も存在しま。

 

そのため、遺品整理士がいれば絶対に安全とは言い切れませんが、業者選びで迷った際には遺品整理士がいる業者に注目をしておくことがおすすめです。

 


法を守って遺品整理を行える有資格者が在籍している業者であれば、遺品が原因で不法投棄などのトラブルが起きる可能性を減らすことができるでしょう。

 

より良い業者を選ぶには

 

遺品整理士が在籍しているだけでなく、本当に安心して利用できる業者を選びたい時は、利用者の声を確認してみると良いでしょう。

 

スムーズに片付けなどの作業を進めて貰うことができたか、大切な物をしっかり残して貰えたかなどの感想は勿論、利用後にトラブルが起きたことがないかなどまでしっかりチェックしておけば、安心して作業を依頼することができます。

 

退去期限が迫っているなどの事情から、少しでも早く遺品整理を始めなければいけない状態となることは珍しくありません。そんな場合であっても、遺品整理業者選びは慎重に行っておくことがおすすめです。

 


迷って選べないという状態になった時は、トラブルの有無や遺品整理士が在籍しているかなどのチェックから始めておくと良いでしょう。良い業者に出会うことができれば、遺された物は勿論、気持ちの整理もしやすい状態を作ることができるでしょう。

 

遺品整理は業者選びにこだわろう

 

遺品整理士は民間資格であり、資格がなければ作業できないという訳ではありません。ただ、安全に遺品整理を行うためには、ゴミの処分やリサイクルなど様々な知識が必要です。

 

遺品整理によってトラブルを起こしたくないのであれば、法律に関する知識を身につけた遺品整理士が在籍している業者に注目をしておくと良いでしょう。