遺品整理のスケジュールについて

2021/09/03 ブログ

身近な人がなくなった時に、考えなければいけないことが遺品整理です。遺された物には一つ一つ思い出が詰まっており、処分するのは忍びないとしまう人もいますがいずれは必要となることです。そんな遺品整理をいつ始めれば良いか、どんな形で進めていけば良いかなどを一緒に見ていきましょう。

 


遺品整理はいつ始める?

遺品整理を始める最適なタイミングは、生活環境などによって異なります。
同居している家族が亡くなり、遺品がそのままになっていても支障がないという場合は、気持ちが落ち着くのを待ち、少しずつ整理をしていくと良いでしょう。

 

ただ、賃貸物件に一人で暮らす家族が亡くなった場合は、素早く遺品整理を行い退去手続きに進まないと、住んでいない部屋に対し家賃を払い続けなければいけない状態となります。

 

 

大切な人が亡くなった時は、遺品整理のことまで頭が回らないという人もいれば、思い出が詰まった遺品に囲まれていたいと考える人もいるでしょう。

 

そんな状態であっても、部屋を片付ける必要がある場合は、早めに遺品整理に手を付けておくことがおすすめです。
辛くても、遺品整理に取り掛かることで、気持ちを整理していくことに繋がることは珍しくありません。

 

 

遺品整理の順番は?

遺品整理をする上で、まず決めておきたいことがスケジュールです。
部屋の中の物を全て処分するだけであれば、素早く作業を進めていくことができるでしょう。

 

しかし、遺品整理の場合は、普段であれば簡単に捨ててしまうような物でも、手にした瞬間に思い出が蘇りなかなか処分できない状態となることが多いものです。思い出に浸っていると、思うように作業が進まず、いつまで経っても遺品整理が終わらないことになります。

 


そのため、遺品整理を行うのであれば、いつまでに終わらせるかをしっかり決めておくことが大切です。

 

そしてもう一つしておきたいことが、残す物と処分する物を明確にしておくことです。絶対に残しておきたい物をリストにまとめておく、さらに処分する物に関してはリサイクル可能かどうかを確認しておくだけでも、作業が捗りやすくなります。

 


さらに、手袋やごみ袋など必要な物を一通り揃えておけば、集中して遺品整理に取り組むことができます。

 

業者に頼むメリット

遺品整理は、個人で行うことも可能です。ただ、期限に限りがあり、素早く作業を完了させなければいけない場合は、業者に頼むことがおすすめです。

 

遺品整理を業者に頼むメリットは、素早く丁寧に作業を進めて貰えることです。故人と直接関わりのない業者のスタッフであれば、遺品を手にした時に思い出に浸り作業が中断してしまうことはありません。

 

さらに、部屋の中の物をただ処分するのではなく、貴重品や残しておきたい遺品は捨てずに残しておいて貰うことができます。残す物に関するリストを作って渡しておけば、間違えて処分されてしまう心配もありません。

 

さらに、遺品整理業者に依頼をすれば、家具や家電のようにリサイクルが必要だったり、重く部屋から持ち出すことが大変な物の処分までしっかり行って貰うことができます。

 

一人ではなかなか終わらない部屋の片付けも、数時間から1日程度で完了することが殆どです。
買取がセットになった業者を選べば、価値のある物は買取という形でお金に換えて貰うことができます。素人では見逃してしまいそうな骨董品などが見つかれば、その分お得に遺品整理ができるようになります。

 


そのため、遺品整理を効率良く進めたいと考えるのであれば、専門業者に依頼をすることを考えておくと良いでしょう。

 

 

遺品整理まとめ

大切な人が亡くなったばかりの状態で、遺品整理を始めるというのは、精神的に堪える状況となることも多いものです。ただ、退去期限が迫っているなど事情がある場合は、早めに遺品整理に取り掛かることがおすすめです。遺品整理は個人でも可能ですが、期限内に終わらせたい、効率良く進めたいという場合は専門業者を頼ることがおすすめです。