遺品整理をするのは葬儀が落ち着いてから?

2021/09/10 ブログ

突然の訃報を受けて慌ただしく葬儀。
いつかは必ず訪れる家族の死。
決して縁起のいいことではありませんが、故人の遺品を整理刷るのは何かと大変です。

 

そうかと言って生前から身の回りの品を処分したり、形見分けするのも悩ましいと思う人も少なくありません。
ではどのタイミングで遺品を整理・処分すべきなのでしょうか?

 

できることなら生前に整理しておくことが理想

 


まだ自分の親が亡くなる前からその人の所有物を整理することは抵抗があることでしょう。

しかし、突然の訃報で何の準備もなく葬儀を済ませて、後から遺品を整理することは、とても対辺なこと。できるのであれば、親が源基なうちに整理したり、処分することがおすすめです。

 

 

ただ、整理すると言ってもすべき廃棄することだけが整理ではありません。
親の思い出の品々を誰が受け継ぐのか、1つひとつ形見としてはもらう人を憎まず決めておくことが大切です。

 

 

可知のあるものは誰がもらうか遺言状を書いておくことも重要。


遺品整理でよく揉めるのは、とても高い価値のある品が出てきた時。この時は最悪の場合、遺族間で揉めることを考えられます。

そのために予め誰が相続するかを決めておかなければなりません。

 

 

現実的には遺品を整理するのは葬儀が 終わった時

 


親が亡くなる前に全ての品の行き先を決めておくことが理想的なのですが、現実的には思い通りに行かないのが常。
実際に亡くなってから、遺品を整理することはが大半なのです。

 

 

特に親と離れて暮らしている家族ならなおさら、このようなことか普通に起きて来ます。

就職のために都会に出て来たことから、親が生きている間に遺品整理をすることが中々できません。実際にそのようなことが数多くあるのです。

 

 

とは言うものの、遠隔でどの品を処分するのか、親と相談しながら、決めていくことも早々できるものではありません。
年末年始やお盆休みで帰省した時に決めておくべきですが、それもまた難しいこと。
そのために遺品整理の専門業者に相談すべきなのです。

 

 

遺品整理のプロ

 


全国には数多くの遺品整理の専門業者がいます。インターネットで検索してみると、かて、さまざまなプロがいます。

1人では運び出すことかできないタンスやベッドなどの家財道具を引き取ってくれて処分する業者。

 


数多くの遺品を仕分けして残しておくべきものと廃棄するものを明確にして処分する業者などさまざまです。
このような業者は地方にもたくさんあるので、東京などの都会に住んでいる家族が地元の業者と遠隔で打ち合わせをしながら、整理する日程を決めていくことも可能。

 

 

但し、遺品としてどのようなものがあるかを予め把握しておかなければなりません。
それが前提となるわけですが、それでも遺品整理ためのだけに実家に戻る負担はかなり軽減できるはずです。

 

後に日程を決めて大きな家財道具類は可能な限り廃棄処分とし、高価な品や思い出のある品々を残す遺品とすることができるでしょう。

 

まとめ


遺品整理業者を依頼する際のよくあることですが、「トラック1台で数万円」といったような料金が業者のホームベージに記載されているケースをよく見かけます。実際には物量によって金額が変わって来るので、やはり業者と下打ち合わせをしながら、見積りを取るのがいいでしょう。

 

また、1社だけでなく複数の業者から見積りをもらい、金額比較することも忘れては行けません。

時には地元の役所に確認してみることも1つの方法です。

 

レンタルでトラックを借りて自分達で処分することで大幅に費用を節約することも可能です。

その場合は公的な処分場の場所と費用を事前に確認してしておくことが大切です。